30代の治験コーディネーターへの転職

治験コーディネーター(CRC)へ転職したい30代の方は20代の次に多い。実際、治験コーディネーター(CRC)へ転職する半数弱は30代の看護師や臨床検査技師、薬剤師の方々だ。

30代前半だと社会人の経験、臨床経験を7年以上積み、複数の病院や検査会社、調剤薬局を経験している方が多い。実は複数の病院や検査会社、調剤薬局の経験は治験コーディネーター(CRC)への転職時にプラスの評価をされることが多い。理由は治験コーディネーター(CRC)の仕事も複数の医療機関を担当するので、複数の病院や検査会社、調剤薬局の経験を生かすことができるからだ。

お子さんが生まれて仕事復帰のときに治験コーディネーターを就職先に考える看護師や臨床検査技師、薬剤師の方も多い。しかし、育児と仕事の両立が容易と言われている治験コーディネーター(CRC)だが、幼いお子様がいる治験コーディネーター(CRC)未経験者の転職のハードルは高めだ。理由はお子様が小さいと入社時の導入研修と残業への対応が難しいからだ。

30代後半になると年齢制限のため半数の治験会社へは応募が出来なくなる。だからと言って治験コーディネーター(CRC)への転職をあきらめる必要はない。社会人の経験、臨床経験、家庭での豊富な経験を欲している治験会社も多いのだ。ここで大切なのは応募が可能な治験会社を見極めることだと言えるだろう!!

30代の治験コーディネーターへの転職 - CRCsearch(CRCサーチ)
おすすめ

治験コーディネーター(CRC)の求人・転職は《CRCばんく》

《CRCばんく》は治験コーディネーター(CRC)の求人・転職に特化した「アンケート謝礼金」がもらえる求人サイト。全国47都道府県に対応し、SMO・院内CRC・ハローワーク求人まで幅広くカバー。年収査定、合格予想、応募書類添削、面接対策、口コミ情報、マンガ、履歴書・職務経歴書PDF自動作成などのコンテンツも充実!
https://crc-bank.com/ - CRCばんく

治験コーディネーター(CRC)に「なるには」

未経験から治験コーディネーター(CRC)になるためには、どうすれば良いか分かります。「必要な資格・経験」「転職活動の期間」「応募数」を解説しています。
https://crc-bank.com/crcninaruniha - CRCばんく - オススメの記事

治験コーディネーター(CRC)の「年齢制限」

治験コーディネーター(CRC)の年齢制限が「企業別」「地域別」に分かります。治験コーディネーター(CRC)未経験者は「35歳」ぐらいまで、治験コーディネーター(CRC)経験者は「45歳」ぐらいまでが選考に通過しやすくなっています。
https://crc-bank.com/crcnonenreiseigen - CRCばんく - 人気の記事

CRCとして働くには

CRCの仕事の魅力。それは新薬開発の一旦を担い、新薬の登場を待ち続ける多くの患者さんに貢献できることです。「CRCとしての働き方」「CRCになるには?」「CRCに求められるもの」などを解説しています。
http://jasmo.org/ja/recruit/working/index.html - 日本SMO協会

SMOのCRCになる方法をわかりやすく解説!

CRC歴7年目の現役CRCがSMOのCRC(治験コーディネーター)へなる方法をご案内しています。
http://crc-naritai.com/how-to-be-a-crc/ - CRCになりたい! - オススメの記事

治験コーディネーターになるには

新卒で治験コーディネーターになる方法をご紹介しています。学校見学会・オープンキャンパスや入試・出願情報も数多く掲載しています。
https://shingaku.mynavi.jp/future/shigoto/516/ - マイナビ進学

治験コーディネーターになるには

治験コーディネーターになるには特別な資格は不要です。ただし医療系資格の保持者を歓迎するようです。最も多いのは看護師から治験コーディネーターになるパターンです。本当に求められるのはコミュニケーション能力のようです。
http://careergarden.jp/crc/naruniha/ - Career Garden

治験コーディネーター(CRC)の「よくある質問」

治験コーディネーター(CRC)の「よくある質問」をランキング形式で回答しています。「育児との両立」「年齢制限」「残業」「転勤」「少ない臨床経験」「結婚」などの「疑問」「悩み」を分かりやすく解説しています。
https://crc-bank.com/crcnoqa - CRCばんく - オススメの記事

治験コーディネーター(CRC)の「資格」

治験コーディネーター(CRC)へ「転職するときに必要な資格」と、治験コーディネーター(CRC)の「認定資格の種類」を解説しています。治験コーディネーター(CRC)の資格に興味がある方は参考になると思います。
https://crc-bank.com/crcnoshikaku - CRCばんく

治験コーディネーター(CRC)の「企業別」の口コミ・評判

治験コーディネーター(CRC)の「企業別」の口コミ・評判が読めます。治験コーディネーター(CRC)経験者だから書ける「良い点」「悪い点」「給料」「残業」「通勤時間」「面接内容」「退職理由」などが読めます。
https://crc-bank.com/crcnohyoubankigyou - CRCばんく - 人気の記事

マンガで分かる!看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職

看護師から治験コーディネーター(CRC)へ転職した「かほ」さん(仮名)の事例をマンガでご紹介します。
https://crc-bank.com/mangakangoshi1 - CRCばんく - 人気の記事

マンガで分かる!臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職

臨床検査技師から治験コーディネーター(CRC)へ転職した「りん」さん(仮名)27歳の事例をマンガでご紹介します。
https://crc-bank.com/mangakensagishi1 - CRCばんく - 人気の記事

マンガで分かる!管理栄養士から治験コーディネーター(CRC)へ転職

管理栄養士から治験コーディネーター(CRC)へ転職した「リエ」さん(仮名)26歳の事例をマンガでご紹介します。
https://crc-bank.com/mangaeiyoushi1 - CRCばんく - 人気の記事
30代の治験コーディネーターへの転職

治験とは
新しい薬を開発し、医薬品として販売するためには、事前に承認、認可してもらうことが義務づけられています。そのために、厚生労働省承認前の薬剤を患者や健康な人に投与して、有効性や安全性を確かめることが必要になります。この、「新薬開発」の為の「治療を兼ねた試験」のことを「治験」といいます

治験コーディネーター(CRC)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験実施医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の下で治験に係る業務に協力する薬剤師、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者をいう」と規定されています。 CRCは看護師、薬剤師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたる事が多く、院長の承認を受け、治験依頼者(モニター)や医療機関内のスタッフ、治験責任医師、治験分担医師、治験薬管理者、検査部門担当者、医事課、病歴室スタッフ他ならびに、被験者との間を調整(コーディネート)する役割を担っています。

臨床開発モニター(CRA)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験が適正に行われることを確保するため、治験の進捗がこの省令及び治験の計画書に従って行われているかどうかについて、治験の依頼をした者が実施医療機関に対して行う調査をいう」と規定されています。CRAは薬剤師、MR、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたることが多く、治験に関する治験契約、モニタリング業務、症例報告書チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行います。このモニタリング業務は新GCPの二大目的が達成されているかどうかを確認する、最も重要なものになります。

30代の治験コーディネーターへの転職  -  CRCsearch(CRCサーチ)

PAGE
TOP