治験コーディネーターの年収・給与②

治験とは初めて開発された薬が世の中で販売される前にその有効性や安全性を確かめる目的で行う臨床試験のことを言い、新薬の実用化に不可欠な大切な工程だ。

治験コーディネーター(CRC)は、新しい薬を開発したい製薬会社、薬の有効性と安全性を確認する治験担当医師、治験に協力する被験者の3者の間に立って治験がスムーズに正確に進むよう調整する役目を担う治験の専門家だ。

治験コーディネーター(CRC)は病気で苦しむ多くの患者のために新薬開発の一部を担う、やりがいのある社会貢献性の高い仕事であり、薬や治療法などの医学の知識とスキルを生かした専門的な職業と言えるだろう。

治験の現場では今や治験コーディネーター(CRC)のサポートはなくてはならないものになっている。国の政策にも治験コーディネーター(CRC)の必要性や充実性が盛り込まれており、治験コーディネーター(CRC)の重要性は非常に大きい。

治験コーディネーター(CRC)の初年度の年収・給料は大卒で月給約22~25万円、大学院卒で月給約24~26万円、年収にすると約350~400万円が相場のようだ。治験コーディネーター(CRC)の経験がない方や、新卒の場合は一般の普通の会社に勤務するビジネスマンの年収・給料と大きな隔たりは見られない。

治験コーディネーター(CRC)の仕事は治験コーディネーター(CRC)未経験者の場合には、あまり高い年収・給料が期待できる仕事ではないが、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの医療資格に加えCRC認定資格を取得し、複数の治験のプロジェクトを経験し、治験の専門的な知識を身に付ければ年収600~700万円、管理職の地位につくと年収1000万円を超える場合もある。

治験の仕事内容は幅広い。薬や医学の専門知識に加え、コミュニケーション力、マネジメント力、コーディネーション力、パソコン操作、ビジネスマナー、向上心など多くのスキルを求められる。

仕事内容の専門性や幅広さを考慮すると治験コーディネーター(CRC)の仕事は専門知識を備えたITエンジニアや弁護士、経理担当者などに似ている部分があると言える。そして、今後の治験業界の転職マーケットの需要と仕事の専門性の高さを考慮すると、治験コーディネーター(CRC)の仕事は高い年収・給料が見込める、将来性の高い仕事の一つであると言えるだろう。

治験コーディネーターの年収・給与② - CRCsearch(CRCサーチ)
おすすめ

治験コーディネーター(CRC)の求人・転職は《CRCばんく》

《CRCばんく》は治験コーディネーター(CRC)の求人・転職に特化した「アンケート謝礼金」がもらえる求人サイト。全国47都道府県に対応し、SMO・院内CRC・ハローワーク求人まで幅広くカバー。年収査定、合格予想、応募書類添削、面接対策、口コミ情報、マンガ、履歴書・職務経歴書PDF自動作成などのコンテンツも充実!
https://crc-bank.com/ - CRCばんく

治験コーディネーター(CRC)の「給料・年収」

治験コーディネーター(CRC)の「平均年収の推移」「20代30代40代などの年齢別の年収推移」「医療資格別の平均年収ランキング」「年収分布」「企業別の年収比較」「口コミ」など、治験コーディネーター(CRC)の「年収・給料」を詳しく解説しています。
https://crc-bank.com/crcnokyuuryou - CRCばんく - オススメの記事

治験コーディネーター(CRC)の「給料・年収」の口コミ

治験コーディネーター(CRC)の「企業別」の口コミ・評判が読めます。治験コーディネーター(CRC)経験者だから書ける「給料」についての「良い点」「悪い点」などが読めます。
https://crc-bank.com/crcnohyoubankigyounensyuu - CRCばんく - 人気の記事

治験コーディネーターの給料・年収

治験コーディネーター(CRC)未経験者は300~400万円、経験者は400~500万円から給与がスタートします。ベテランになると年収が1000万円以上になることもあるようです。病院か企業か、所属先により待遇が異なります。
http://careergarden.jp/crc/salary/ - Career Garden

現役CRCが給料・年収を徹底解説!

CRCがもらうお給料の「基本構成」から、「経験年数別CRCの平均年収」「医療資格の違いによるお給料の差」や「昇給率について」「大手SMOが提示している初任給」など、治験コーディネーターのお給料・年収の全てを徹底的にお伝えします!
http://crc-naritai.com/job-money/ - CRCになりたい!

治験コーディネーター(CRC)に転職したときの年収を予想する

「治験コーディネーター(CRC)へ転職したら年収はいくらになるんだろう?上がるか下がるか前もって分かればいいのに・・・」と思ったことはありませんか?転職するときに、もっとも重視する項目の一つが「給料」です。治験コーディネーター(CRC)へ転職した時に自分のキャリアや経験がどれだけ評価されるものなのか、気になりますよね。こちらではあなたのプロフィールなどから、治験コーディネーター(CRC)へ転職した時の年収を予想します。転職活動の目安にしてみてはいかがでしょうか。
https://crc-bank.com/form121 - CRCばんく
治験コーディネーターの年収・給与②

治験とは
新しい薬を開発し、医薬品として販売するためには、事前に承認、認可してもらうことが義務づけられています。そのために、厚生労働省承認前の薬剤を患者や健康な人に投与して、有効性や安全性を確かめることが必要になります。この、「新薬開発」の為の「治療を兼ねた試験」のことを「治験」といいます

治験コーディネーター(CRC)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験実施医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の下で治験に係る業務に協力する薬剤師、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者をいう」と規定されています。 CRCは看護師、薬剤師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたる事が多く、院長の承認を受け、治験依頼者(モニター)や医療機関内のスタッフ、治験責任医師、治験分担医師、治験薬管理者、検査部門担当者、医事課、病歴室スタッフ他ならびに、被験者との間を調整(コーディネート)する役割を担っています。

臨床開発モニター(CRA)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験が適正に行われることを確保するため、治験の進捗がこの省令及び治験の計画書に従って行われているかどうかについて、治験の依頼をした者が実施医療機関に対して行う調査をいう」と規定されています。CRAは薬剤師、MR、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたることが多く、治験に関する治験契約、モニタリング業務、症例報告書チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行います。このモニタリング業務は新GCPの二大目的が達成されているかどうかを確認する、最も重要なものになります。

治験コーディネーターの年収・給与②  -  CRCsearch(CRCサーチ)

PAGE
TOP